ペット用品
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペット情報:ペットの活動記録を撮ろう

ペットのための情報:ペットの写真を撮ろう

:ペットオーナーの食品愛犬撮影

ウィッグについてもっと詳しくしりたいけど、どうしたら良いのかな?コスプレ用に安くて良いウィッグを探しているのだけどどうにかならんかな?

ペットの動きはなかなか予測ができません。アメカジを着こなす アバクロを着て、動き回るペットを撮影するのは大変です。そこでデジタルカメラのモード機能を使って、いろんなアングルからシャッターを押して、できるだけ多く枚数を撮りましょう。

ペットは常に動き続けていて、なかなか良い写真が取れません。そこであなたのカメラに「シャンデリア」があれば、外出先では「ペットモード」に設定して撮影してみましょう。あなたのペットの色に合わせて、自動で最適な設定に合わせてくれます。

愛犬のためのペット撮影:カメラ撮影

アルファベットのPのマークが「プログラム」モードです。できるだけナチュラルな写真を撮りたいなら、このモードで、フラッシュは「停止」、ピクチャースタイルは「ナチュラル」に設定して撮影しましょう。

動き回るペットを撮影するのはかなり難しいです。そこで、「スポーツモード」を使用。撮影するまで動くものにピントを合わせ続けてくれるので、動き回るペットを撮影したい時には便利です。

ペットは撮影をしようとすると、なかなかカメラに向いてくれません。そこで、大好物のおやつなどを持って撮影すると、そちらに目線を向けてくれるので、いろいろな表情の写真が撮れます。
・おやつを向ける
・ぬいぐるみを向ける

動画撮影のポイント

映像を撮る際に一番気をつけることは、カメラを動かさないこと。ペットが動いているのにカメラまで動きすぎると、画面がゆれていて、見ていて気持ち悪くなってきます。

斜めになっている画面も見にくいので、できるだけ画面を水平に保ちましょう。特に水平な背景を入れて撮影する場合は気をつけるポイントになります。

ペット雑貨、人気のペット商品情報

ペットは寝ているときに、とても変わったポーズを見せることがあります。そんな時は迷わず、いろいろなアングルからシャッターを押してみましょう。普段は見ることのできない一面を撮ることができます。

無意味にズームを使いすぎると、見にくい映像になってしまいます。寄りの絵を撮りたいときには、自分から近づいていきましょう。


ペット用品